2016年03月22日

犬の、運命は



ある日、朝早く、箕郷の、公園に、いくと、階段から、女性が、おりてきました。

私は、長男の、桜の、子供を、手に、抱いて、桜と、一緒に、散歩に、いきました。

その人は、私の、子犬を、みて、その犬は、どうするのですか、と聞きました。

えっ、というと、ください、、というので、その場で、スっと、その人の手に、子犬を、渡すと、泣きもせずに、

だかれていきました。もう、明日、新聞に、でたら、いないというと、その人は、喜んで、よかった、、と、いいました。

子犬に、いいの、?と聞くと、だまって、その手に、いくので、そのまま、あげました。

その子に、2日前、その、公園で、偶然あえました。とても、大きく元気でした。

よかったです。よく、いうことを、きいて、かわいがってもらってください。また、あえるのを、楽しみに、しています。

運命を、かんじさせるような、1日でした。まるで、嘘みたいだけど、本当です。ちなみに、小鉄という、名前にした、、

ということでした。

きれいね



同じカテゴリー(生きがい)の記事画像
娘の結婚は、2世帯住宅で
コロナの、危機
電電。無視のうた、
コピー機は、古いパソコンは、つかえないの、、
石原さとみさんの、結婚は
幸せをいつも、心で、かんじる
同じカテゴリー(生きがい)の記事
 娘の結婚は、2世帯住宅で (2021-02-25 18:59)
 コロナの、危機 (2020-12-07 22:35)
 電電。無視のうた、 (2020-10-16 20:53)
 コピー機は、古いパソコンは、つかえないの、、 (2020-10-10 19:23)
 石原さとみさんの、結婚は (2020-10-02 13:41)
 幸せをいつも、心で、かんじる (2020-09-20 22:47)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
犬の、運命は
    コメント(0)